肝機能異常を指摘された方へ

肝機能異常を指摘された方へ血液検査でAST(GOT)、ALT(GPT)、ALP、γGTPの数値が高値であった場合、肝機能異常の状態です。これらの数値は肝臓以外の病気でも上昇することがあるため、一概に数値が高いだけでは本当に肝臓の病気かどうかはわかりません。例えばAST(GOT)などは筋の障害で上昇したり、ALPも骨の異常で上昇したりすることがあります。そのため、異常を指摘されたら、しっかりと消化器内科を受診して、検査を行い、原因を明らかにすることが重要です。

肝機能異常が起こる原因としては主に以下の疾患があります。

  • 脂肪肝(MAFLD/MASLD)
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • その他のウイルス性肝炎(A型肝炎、E型肝炎)
  • 伝染性単核球症
  • 自己免疫性肝炎
  • 原発性胆汁性胆管炎
  • 薬剤性肝炎
  • 胆石症・総胆管結石症
  • 肝臓がん、胆のうがん、胆管癌、膵癌 など

 

このように肝機能異常になる病気は多岐にわたるため、いろいろ検査を行い、原因を明らかにしていきます。肝機能異常の状態では自覚症状がほとんどないため、放置をしておくと重大な病状につながっていく可能性があるので、必ず受診をするようにしましょう。
精密検査ではまず血液検査と腹部エコーが行われます。血液検査では、AST、ALT、ALP、γGTPの再測定だけでなく、肝炎ウイルスマーカーや自己抗体などの特殊な項目も測定されます。腹部エコーでは、肝臓や胆嚢、膵臓、腎臓などを超音波で観察し、異常がないかを調べます。

 

目次

 

 


 

なぜ肝機能異常を放置してはいけないのか

なぜ肝機能異常を放置してはいけないのか肝臓の病気は自覚症状がでにくいため、症状が出る頃には手遅れになることがあります。
肝機能障害が存在しても初期段階では自覚症状がほとんどなく、あっても「体がだるい」程度の症状で気付きにくいことがあります。黄疸などの症状がでて、体や目が黄色くなってくると気づかれることがありますが、その時には肝臓の障害はかなり進行している状態です。初期の肝障害であれば肝臓の機能が元に戻ることはありますが、ある程度進んで肝硬変に至ってしまうと元に戻らなくなり、最終的に肝硬変で命を落としたり、肝がんを発症する危険性があります。

 


 

肝機能異常の原因となる病気

 

 - 脂肪肝、MASLD、MASH

脂肪肝は、肝臓内に脂肪が蓄積する状態で、主にアルコールの飲みすぎや栄養の摂りすぎが原因です。脂肪肝は初期の段階では症状が現れにくく、健康診断などで偶然発見されることがあります。適切な生活習慣の改善によって、改善を期待できます
脂肪肝のうち、アルコールに関係がなく、メタボリック症候群などが原因のものをMASLD (metabolic dysfunction-associated steatotic liver disease)といいます。MASLD のうち 80 ~ 90%は長い経過をみても脂肪肝のままで、病気はほとんど進行しません。しかし、残りの 10~20%の方は徐々に悪化して、肝硬変に進行したり、肝がんを発症したりすることもありますので注意が必要です。

 - ウイルス性肝炎

ウイルス性肝炎は、A、B、C、D、E型などの肝炎ウイルスに感染することで起こる肝臓の病気です。D型肝炎は日本では問題になりませんが、A、E型は主に汚染された飲食水や二枚貝、ジビエ肉、内臓などを介して感染し、日本でも時折みられます。B、C型は輸血、注射器の使い回し、剃刀や歯ブラシの共用、入れ墨などによって主に血液を介して感染します。
B型肝炎や特にC型肝炎は持続的肝臓に感染をすることがあり、感染すると自覚症状がないまま肝硬変や肝がんに進行するリスクが高まります。しかしながらC型肝炎は近年、インターフェロンフリー療法が発達したことで治る可能性が高い病気になってきています。B型肝炎は慢性化してしまった場合、C型肝炎のようなウイルスを排除する薬で有効な薬は乏しく、定期的な診察や治療薬の投与が必要となります。

 - 肝硬変症

肝臓が長い間炎症を起こすことで、肝臓の正常な組織が瘢痕組織に置き換わり、肝臓の機能が低下する状態です。アルコールやC型肝炎、脂肪肝が原因で肝硬変になってしまいます。肝機能障害を放置して肝硬変になってしまうと、肝臓は元には戻りません。腹水がたまる、黄疸、全身の倦怠感などの症状が現れます。早期の段階での原因の除去や適切な治療が必要です。肝硬変は進行すると肝がんのリスクが高まることも問題です。
肝硬変は予後の悪い病気で、肝硬変になってしまうと生存率は10年で約50%、非代償性肝硬変という状態になってしまうと5年で25%程度の生存率しかないとされています。肝硬変の原因によっては肝硬変に至るまでに適切に治療がされれば、予防できるものもありますので、しっかりと肝障害の診断と治療を受けることが重要です。

 - 肝臓がん

肝臓がんは、主に肝細胞から発生する癌を指し、多くの肝臓がんは肝臓の病気の長い経過の中で発生します。通常は10〜20年以上の肝炎ウイルスへの長期感染や、長期のアルコール摂取、脂肪性肝炎(MASH)などの慢性的な肝障害が肝硬変に進行することで発症します。したがって、肝炎ウイルス検査を受けたことがない方や、日常的に多量の飲酒をしている方、肝機能障害を放置している方は注意が必要です。慢性的な肝臓病をお持ちの方は定期的な腹部超音波検査やCT検査を行うことで、早期発見、早期治療が可能です。

 - アルコール性肝炎

アルコール性肝炎は、継続的なアルコール多飲で引き起こされます。通常は5年以上にわたる過剰の飲酒が肝障害の主な原因と考えられる病態で、1日平均純エタノール60g以上の飲酒(常習飲酒家)をされる方に発症するとされています。ただし女性や遺伝的にお酒に弱い方(ALDH2活性欠損者)では,1日40g程度の飲酒でもアルコールによる肝障害を起こす可能性があります。1日に40g以上の純エタノールはビール1000ml、日本酒2合、ワイングラス3杯の飲酒量です。悪化を防ぐためには断酒や節酒が重要です。

 - 自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎は、自身の免疫機能が肝臓を攻撃してしまう病気で、男女比は1:4で、女性に多い病気です。年代は中年女性に多く50歳から60歳代が発症の中心となっていますが、若い女性や小児での発症も珍しくはありません。初期はほとんど症状がなく、健康診断などで偶然に発見されることがしばしばあります。治療を行わないとその進行は早く、肝硬変から肝不全に至ることも稀ではありません。適切な治療を行えば予後は一般的に良好です。根本的に治癒することが難しい病気ですので、長期にわたって病気と付き合っていく必要があります。治療には副腎皮質ステロイドを投与することが基本です。ステロイド剤の使用が長期になりますので、ステロイド剤による糖尿病や骨粗しょう症、脂質異常症などにも注意が必要です。

 - 薬剤性肝障害(薬剤性肝炎)

薬剤性肝炎は、医薬品の使用や漢方薬などによって肝臓の炎症を引き起こします。薬剤性肝炎を起こしやすい薬物は抗生物質、解熱鎮痛剤、抗がん剤、抗てんかん薬などがよく知られていますが、個人差も大きく、同じ薬を使用してもすべての人に発症するわけではありません。
また、症状や重症度も患者によって異なります。軽度の場合は自覚症状がなかったり、疲労感や倦怠感などが現れることもありますが、重篤な場合は黄疸(皮膚や白目の黄ばみ)、肝臓の腫れや機能障害が生じることがあります。

文責:東海内科・内視鏡クリニック岐阜各務原院 院長 神谷友康

ご予約・お問い合わせcontact

ご予約はWEBよりお願いいたします。
お電話によるお問い合わせは診療時間帯のみです。
LINE予約がおすすめです。

  • 058-372-5411
  • WEB予約 WEB予約
  • LINE予約 LINE予約
  • 診療時間表
    午前 9:00~12:00 - ●/◎
    午後 13:00~15:00 - - -
    午後 15:30~19:00 -
    婦人科午後
    14:00~17:00
    - - - - - -

    :内科外来 :婦人科外来 :内視鏡検査
    ※:日曜内視鏡検査(月1回診療(9:00~12:00、13:00~16:00))
    ※:土曜内視鏡検査(月1回診療(13:00~17:00))
    上部内視鏡検査は診療日の午前中に毎日行っています。
    受付時間は診療時間終了30分前

TOPへ