大腸カメラ検査+内視鏡の質問

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査とは大腸カメラ検査は、肛門から細長いカメラを挿入して、大腸全体を観察する検査です。大腸ポリープや大腸癌、腸炎や潰瘍性大腸炎、クローン病などの様々な疾患での診断に必要な検査です。下血や下痢が続くなどの症状の原因を調べたい際は、まず大腸カメラ検査をして原因がないかを調べます。また診断だけではなく、その場で治療を行うことも可能です。
肛門から電子スコープを挿入し盲腸から回腸の末端まで大腸を全て直接観察します。治療の際は内視鏡の先端からスネアと呼ばれる輪っか状の器具や電気メスを出して行います。最近では内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などの治療も盛んにおこなわれるようになり、大きなポリープや初期の大腸癌なども治療することが可能となっています。

40歳を超えたら大腸カメラを受けましょう

日本では2人に1人が癌になると言われており、その中でも食生活の欧米化などの要因により大腸がんの罹患率や死亡率は男女共に高くなっています。大腸がんは自覚症状がほとんど現れないまま進行し、進行すれば全身に転移を起こし、致命的となってしまいます。大腸がんをなるべく早期に発見するために健診では検便の検査が行われています。そのような検便の検査で大腸癌が見つかることも珍しくはありませんので、定期的に検査を受けるようにしましょう。ただし、検便検査では大腸癌の前段階の病変となる大腸ポリープは発見が難しいこともあるため、大腸がんの家族歴がある方過去にポリープを指摘された方などは検便検査だけではなく、定期的な大腸カメラ検査を受けることをお勧めしています。また検便検査でも100%大腸癌が見つかるわけではなく、大腸癌であっても検査で陽性とならないこともまれにあります。
大腸がんは早期発見・早期治療をすれば完治が可能な病気であり、大腸ポリープを発見、切除する事で大腸がんの予防もできます。早期発見するためには、大腸カメラ検査最も良い方法です。自覚症状が無くても定期的な検査が重要となります。
発症リスクが高くなる40歳を超えたら、一度検査を受けることをお勧めいたします。


当院の大腸カメラ検査の特徴 - FEATURES

 - 消化器内科専門医による高精度な検査

消化器内科専門医当院では経験豊かな消化器内視鏡専門医が検査を行っています。大腸カメラ検査は挿入時に疼痛やお腹が張った感じが強くでたりするなど、検査自体に苦痛がでることがあります。病気発見の診断能力はもちろん大事ですが、検査の技術も必要そのような小さな病変を短い検査時間で見落とさずに発見するためには、消化器内科の医師が内視鏡を専門として、さらに長い臨床経験が必要です。修練を得た医師が検査を担当することで、検査から治療まで安心して診療を受けていただけます。

 - 鎮静剤を用いた苦痛が少ない検査

過去に内視鏡検査で辛い経験をされたことはありませんか?
大腸カメラ検査は特に痛みが生じやすい検査で、痛みの感じ方も人それぞれです。中には「二度とこんな検査は受けたくない」とおっしゃる方もみえるほどです。しかしながら大腸カメラ検査は大腸を調べるためには非常に大事な検査で、大腸癌やポリープなどの病気を調べるためには欠かせません。
当院は可能な限り検査の苦痛を減らし、楽に検査を受けていただけるように鎮静剤(麻酔)を使用しています。検査の直前に薬を投与すると30秒ほどで眠ってしまい、目が覚めれば検査が終了しています。「気が付けば検査が終わっていました」というお言葉もよく頂戴します。
当院はなるべく多くの方に大腸検査を受けていただき、少しでも大腸癌で亡くなる方を減らしたいという強い信念のもと、楽で安心な検査を心がけています。
検査後は1時間程度の休憩をしていただき、ご帰宅していただけます。

 - 検査中に発見されたポリープはその場で切除

医療機関によっては、発見されたポリープはまた次の検査時に切除するところがあります。そうすると再度受診の予約を取って、検査の日にちを決め、下剤を飲んでと患者様の負担が大きくなってしまいます。当院ではそのような不便さを少しでも解消するために、日帰りで切除可能なサイズのポリープは検査と同時に切除するようにしています。
ただし、ポリープのサイズが大きいなどの理由で出血の恐れがある場合は入院での切除が必要となりますので、当院では切除できません。検査後、入院施設のある医療機関を紹介させていただきますのでご承知おきください。

 - 下剤を飲まない大腸カメラに対応(鼻チューブ法・内視鏡的洗浄液注入法)

約1.5Lほどある下剤を飲むのが難しいという方は、鼻から胃にチューブを留置して、チューブから下剤を投与する鼻チューブ法、内視鏡で下剤を注入する内視鏡的洗浄液注入法を選択することが可能です。一度当院へご相談ください。
下剤を飲まない大腸カメラについてはこちらのページに詳しく書いてありますので、ご参照ください。

 - 選べる下剤

当院ではモビプレップ、サルプレップ、ニフレック、ビジクリアの下剤からお選びいただけます。
各下剤の特徴は以下の通りです。

モビプレップ(液剤)
※当クリニックで最も使用している下剤になります。

モビプレップはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

この製剤のメリット 薬剤の服用量が少なく済みます。 モビプレップ
この製剤のデメリット 薬剤の半分量の水、又はお茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶(糖分の入っていない物)を服用します。
飲み方
  • パックに水を入れて2000mlにし、1000mlを1時間かけて飲みます。
  • 飲んだお薬の半分量の水分を取ります。
  • 飲み方の目安はコップ1杯(約180mL)を10分かけて飲みます。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。 腎臓に疾患をお持ちの方

 

ニフレック(液剤)

ニフレックはお薬を水で溶かして飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

この製剤のメリット 服用方法が簡単である。
腸管内の残渣が少なく、正確な検査が期待できます。
この製剤のデメリット レモン風味の特有の味があり、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。
飲み方
  • パックに水を入れて2000mlにし、2時間かけて飲みます。
  • 飲み方の目安はコップ1杯(約180mL)を10分かけて飲みます。
  • 最初の2~3杯は15分以上かけてゆっくり飲みます。

 

サルプレップ(液剤)

サルプレップはペットボトル入りの製剤をそのまま飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

この製剤のメリット 薬液はレモン風味で、薬剤を溶かす手間が不要で服用量が少なく済みます。
この製剤のデメリット 後味に苦味を感じることがありますので、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。
飲み方
  • ペットボトル入りの製剤480mlを30分かけて飲みます。
  • その間に、飲んだお薬の倍量の水分を取ります。
  • 最大960mlまでの服用をおこないます。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。 腎臓に疾患をお持ちの方

 

ビジクリア(錠剤)

ビジクリアはお薬(錠剤)を水分と一緒に飲むことで腸管内をきれいにするお薬です。

この製剤のメリット 錠剤を飲む時は水、お茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶(糖分の入っていない物)でお飲みいただけます。
この製剤のデメリット 錠剤が大きく個人によっては飲みにくいと感じることがあります。
飲み方
  • 2000mLの水分と、錠剤50錠を2時間30分の速さで飲みます。
  • 飲み方は錠剤5錠をコップ1杯の水分(約200mL)で15分かけて飲みます。これを10回繰り返します。
以下の診断を受けた方は本剤をお選び頂けない場合があります。
  • 心臓に疾患をお持ちの方
  • 腎臓に疾患をお持ちの方
  • 年齢が65歳以上の方
  • 高血圧の治療を受けている方

 - 富士フイルム社製の最新内視鏡システムを導入しています。

最新内視鏡システム当院では富士フィルム社製の最新内視鏡システムを導入しております。ハイビジョン画像で微小な病変の発見が可能であり、BLI(Blue Light Imaging)技術では胃や大腸の表面の腺管構造や血管構造をより鮮明に観察することが可能となり、疾患の発見をしやすくなります。

 - リカバリールーム個室を完備、検査後は寝たままお運びします

リカバリールーム当院では内視鏡後のリカバリールームを完備しています。個室の部屋もありますので、検査後しっかりと休んでいただくことができます。鎮静剤(麻酔)などの薬剤を使用した後は、ご自身で移動していただく必要がなく、安全性などの配慮から寝たまま移動していただきます。

 - 胃カメラ検査、大腸カメラ検査を同時に受けることができます。

当院では胃カメラ検査と大腸カメラ検査の両方を同時に受けていただくことも可能です。食事制限や検査も1回で済むので、お忙しい方におすすめできます。胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日に可能かどうかについては医師が判断しますので、まずは事前に外来に受診をしていただき、ご相談ください。

 - 土日も検査・診察に対応

平日は仕事や学校などでなかなか受診できない方は当院にご相談ください。特に大腸カメラ検査は朝から昼過ぎまで時間をとられることが多い検査です。当院ではより多くの方に内視鏡検査を受けていただくことができるように、土曜日や日曜日の検査を受け付けています。土・日曜日の大腸検査は原則予約制となっております。予約についてはWebサイトやLINE予約またはお電話にてお問い合わせください。


大腸カメラ検査でわかる病気 - DISEASE

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 虚血性腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症
  • 腸管スピロヘータ症
  • 赤痢アメーバ腸炎
  • Collagenous Colitis など

検査の流れ

1事前診察予約

Web予約大腸カメラ検査をお受けになられたい方は、まず検査を安全に受けられる状態なのか医師が診療して判断するため、事前に診察が必要となります。
大腸カメラを希望される方は、可能であれば外来受診の予約を取得して下さい。受診予約はWebかLINE予約をご利用ください。

2事前診察

事前診察事前に外来を受診していただき、検査の日にちを決め、検査の注意事項や食事などに関する説明を受けていただきます。前日に飲んでいただく下剤などをお渡しします。
お薬手帳をお持ちの方は、必ずご持参し受付でスタッフにお渡し下さい。

3検査前日

検査前日は食事内容に気を付けてください(事前診察の際にご説明させていただきます)。
眠前にお渡しした下剤を服用してください。

4検査当日朝

検査当日朝からは絶食となります。お水やお茶などの水分は摂取していただいて構いません。
内服薬については、糖尿病薬は中止します。高血圧の薬は服用してください。その他の薬は事前診察の際にご指示いたしますので、その指示に従ってください。

5来院

来院朝の指定時間に 来院して頂きます。
鎮静剤を使用する場合は公共交通機関をご利用になったり、ご家族での送迎での来院をお願いします。

6前処置・検査

検査院内の専用ブースで腸管洗浄剤を内服します。 院内には医師や看護師がいるため、安全・安心な状態で前処置を行うことが出来ます。
前処置の下剤を服用していただき、通常の便から薄い黄色透明な排泄液になりましたら検査が可能となります。
鎮静剤(麻酔)を使用する場合は点滴を開始します。検査の直前に鎮静剤(麻酔)を投与いたします。
検査時間は15分程度です。ポリープを切除したりすると30分程度かかることもあります。

7リカバリー

リカバリー鎮静剤(麻酔)を用いた検査では、検査後にリカバリールームで30分から60分程度お休みいただいています。
鎮静剤(麻酔)の使用のない方は検査後にお休みいただく必要はありません。

8結果説明

① 鎮静剤(麻酔)を使わず検査を受けられた方

検査後すぐに結果説明を行い、その後はご帰宅が可能となります。

② 鎮静剤(麻酔)を使った検査を受けられた方

リカバリールームでお休みいただいた後に医師より検査結果の説明をさせていただきます。
なお、検査中に組織を採取した場合や、ポリープ切除を行った場合は、結果に約1~2週間程度かかりますので、再度ご来院いただいて結果をお伝えいたします。


検査の費用

大腸カメラ内視鏡検査料金は下記の表をご参照ください。詳細な金額の内訳などを確認されたい方はご遠慮無くお問い合わせください。

※下記の表は参考金額です。実際の診療内容によって金額は変動致します。

検査(治療)内容 1割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,500円 約7,500円
大腸カメラ+病理組織検査 約3,000-5,000円 約9,000-15,000円
日帰り大腸ポリープ切除 約5,000-10,000円 約15,000-30,000円

※注 病理組織検査やポリープ切除は数によって金額が変化します。

 

 


 

よくある質問

痛みがなく大腸内視鏡検査を受けられますか?

大腸内視鏡検査時の痛みなどについては個人差がありますが、鎮静剤を使用することで、眠っているのに近い状態で大腸カメラ検査を行うことができます。
また、大腸内視鏡検査時の苦痛は、担当する医師の技量にも影響されます。当院は内視鏡を経験豊富な消化器内視鏡専門医が行っており、極力痛みを感じさせないように大腸カメラ検査を受けて頂くように様々な配慮をしております。

検査にかかる所要時間はどれぐらいですか?

実際の検査時間は約10~30分程です。しかし、大腸検査は通常下剤を服用していただく時間がありますので、院内での滞在時間は下剤服用などを含めると約4~6時間程度かかります。通常は朝9時ごろに来院していただき、すべて終了いたします時刻は15時~16時ぐらいになります。
なかなか1日予定を空けることが難しい方は午前中で検査を完結できる「モーニング大腸検査」も実施しております。

大腸カメラ検査が必要なときはどんな時ですか?

大腸内視鏡検査は大腸がんを早期発見することを目的とした検査です。そのため、大腸がんの早期発見、予防を希望される方は是非検査を受けてください。また便潜血検査で陽性となった場合は大腸癌の疑いがありますので、必ず大腸カメラ検査を受けてください。
また、排便の調子が悪かったり、様子がいつもと違う場合は、大腸に何かしらのトラブルが発生している場合があります。その際には是非大腸内視鏡検査を受けてください。

ポリープを切除するとき、痛みがありますか?

ポリープ切除は特に痛みは感じません。
ポリープ切除の際はスネアという先端が輪になった器具で粘膜と粘膜下層を切除します。この部分には痛みを感じとる神経は存在していません。そのため痛みを感じることはありません。

 

その他、ご不明な点等ございましたらお気軽にスタッフにお聞きください。

文責:東海内科・内視鏡クリニック岐阜各務原院 院長 神谷友康

ご予約・お問い合わせcontact

ご予約はWEBよりお願いいたします。
お電話によるお問い合わせは診療時間帯のみです。
LINE予約がおすすめです。

  • 058-372-5411
  • WEB予約 WEB予約
  • LINE予約 LINE予約
  • 診療時間表
    午前 9:00~12:00 - ●/◎
    午後 13:00~15:00 - - -
    午後 15:30~19:00 -
    婦人科午後
    14:00~17:00
    - - - - - -

    :内科外来 :婦人科外来 :内視鏡検査
    ※:日曜内視鏡検査(月1回診療(9:00~12:00、13:00~16:00))
    ※:土曜内視鏡検査(月1回診療(13:00~17:00))
    上部内視鏡検査は診療日の午前中に毎日行っています。
    受付時間は診療時間終了30分前

TOPへ