性病検査(クラミジア・淋菌)

-クラミジアについて
-淋菌について
-今、知りたい、性感染症

このような症状がある方はご相談ください。

性病検査
  • おりものの臭いが気になる
  • おりものに出血が混じっている
  • おなかの痛みが持続している
  • 尿道に違和感がある
  • のど(咽頭)の痛みが続いている
  • パートナーが性感染症にかかった

クラミジアは主に性行為によって感染する細菌で性感染症の中では最も多い原因となっています。
主に尿道、子宮頸管(子宮の入り口)、眼の結膜、咽頭(のどの奥)に感染して症状を起こします。

 

 


 

クラミジア感染では以下のような病態を引き起こします

 
女性 子宮頸管炎・子宮付属器炎・骨盤腹膜炎・不妊症・子宮外妊娠
男性 前立腺炎や精巣上体炎

特に、女性は子宮や付属器(卵管・卵巣)の周辺に癒着を起こし、将来的に不妊の原因となることがあるため、早期の発見・治療が望ましいです。

-症状がない場合も

性器クラミジア感染症で症状が現れるのは感染例のわずか20%程度という報告もあり、クラミジアに感染しても症状が出現しない場合も多いです。気になる症状がない場合でも、無防備なセックス(コンドームなし)が行われた場合や、パートナーに何か症状がある場合などは、検査をお勧めします。

 


 

のどの痛みが続いている場合はクラミジア咽頭炎かも

オーラルセックスを行うことで、のどにクラミジアが感染することがあり、その数は近年増加傾向にあります。クラミジア咽頭炎になった場合、のどの痛みが続くことがありますが、無症状の場合もあります。クラミジアの咽頭炎の検査には、のどの奥を綿棒でこすって粘液を採取したり、うがい液で検査を行います。

 

 


 

クラミジアと診断されたら

クラミジアと診断されたら抗生剤の投与を行います。マクロライド系抗菌薬、ニューキノロン系抗菌薬を使用します。

-抗菌薬は種類を間違えると効かない

クラミジアには、ほかの病気でよく使われるペニシリン系抗菌薬やセフェム系抗菌薬は効きません。上記にあるようなマクロライド系抗菌薬、ニューキノロン系抗菌薬の薬が必要です。

-パートナーも必ず検査を

クラミジアと診断された場合は、パートナーも感染している可能性が高いので、ピンポン感染を防ぐためにも、ぜひお二人同時に検査、治療を受けるようにしてください。
※ピンポン感染とは卓球の打ち合いのようにパートナー同士で性病を相互に移しあうことを指します。抗生剤で完治をしてもまたパートナーから菌をもらってしまうので、なかなか治療が完結しない状態です。

 

 


 

淋菌感染症の症状

淋菌感染症は淋菌(Neisseria gonorrhoea)という細菌により起こる性感染症です。男性は主として淋菌性尿道炎を呈し、女性は子宮頚管炎や骨盤腹膜炎をおこします。

- 男性の症状

男性の尿道に淋菌が感染すると、2日から1週間程度の潜伏期間を経てから症状が出現します。尿道から膿(うみ)が出現し、尿を出すときに痛みがでてきます。しかし最近では、男性の場合でも症状が典型的でなく、粘液性の分泌物であったり、場合によっては無症状に経過することも報告されています。

- 女性の症状

女性では男性より症状が軽くて、無症状のまま気が付かないこともあります。自覚されないまま経過することが多いですが、子宮頸管炎や内膜炎を起こすと以下のような症状が出現します。

 

  • おりものの量が増える
  • 緑黄の濃い色のおりものが出る
  • おりものの匂いが強くなる
  • 不正出血がある
  • 下腹部に痛みを感じる
  • 排尿時に痛みを感じる
  • 尿の回数が増える(頻尿)
  • 性交時に痛みを感じる

 

 


 

のどにも感染を起こします

のどの淋菌感染症は、オーラルセックスにより感染することがほとんどです。
通常の咽頭炎のようにのど痛みや腫れ、せき、発熱など、風邪に似た症状が現れます。しかし、男女問わず症状が出ないこともあり、症状も風邪と似ているため、ご自身がのどの淋菌感染症になっていることに気づかない場合もあります。

近年は性行為の多様化により、オーラルセックスを原因とする咽頭の性感染症は特に増加傾向にあり問題になっています。性感染症の中でもクラミジア・淋菌はとても頻度が高く、特に20-30代の方は感染機会が多いです。また、淋菌とクラミジアいずれに感染した場合も症状に乏しい場合も多いことが特徴で、いつのまにか感染している場合があります。 感染を知らないままにしておくと、大切なパートナーに感染させてしまったり、将来的な不妊の原因となってしますことも珍しくありません。 これらを予防するには、コンドームをしない無防備なセックスを避けることと、無症状であっても、感染の機会があった場合は検査をして、早期の治療につなげることが重要です。

今、知りたい、性感染症

動画で性感染症について解説を行っています。

文責:東海内科・内視鏡クリニック岐阜各務原院 

仙波 恵樹

ご予約・お問い合わせcontact

ご予約はWEBよりお願いいたします。
お電話によるお問い合わせは診療時間帯のみです。
LINE予約がおすすめです。

  • 058-372-5411
  • WEB予約 WEB予約
  • LINE予約 LINE予約
  • 診療時間表
    午前 9:00~12:00 - ●/◎
    午後 13:00~15:00 - - -
    午後 15:30~19:00 -
    婦人科午後
    14:00~17:00
    - - - - - -

    :内科外来 :婦人科外来 :内視鏡検査
    ※:日曜内視鏡検査(月1回診療(9:00~12:00、13:00~16:00))
    ※:土曜内視鏡検査(月1回診療(13:00~17:00))
    上部内視鏡検査は診療日の午前中に毎日行っています。
    受付時間は診療時間終了30分前

TOPへTOPへ